心理カウンセラーになるには専門分野の知識が必要です

医者

確かな技術を身につける

カウンセリング

病気やケガなどで体の一部が上手く動かせない患者を助けるために、理学療法士の需要が高まっています。理学療法士は、日常動作の基本となる、座る、立ちあがるなどができない人をサポートするために様々な方法で治療を行ないます。無理せず足元から徐々に動かせるようにしてくれるので、体に負担をかけること無く回復させることができます。理学療法士なるためには、専門の学校に行って幅広い知識を学習しなければいけません。理学療法士の学校とは医療ではなくリハビリテーションについての学習を専門に行なっているところで、歩行訓練についての実習や、リハビリ器具の扱い方などを主に学びます。多くの学校には幅広い知識を学ぶためのカリキュラムが用意されていて、効率良く学習をすすめることができるのです。四年間の学習過程の中で、一年次は基本的な心理学や人間の生活についての学習、医学英語などを学びます。そこで、理学療法以外にも作業療法に関わる知識も学びます。二年次は基礎科目の学習は減り、専門分野の学習が増えます。内科や整形外科についての学習、神経系統についての学習と、難易度が上がっていきます。三年次になると基礎学習はなくなり、実践的な知識の学習が中心になります。卒業間近の四年時には理学療法士になるための実習などを行ないます。理学療法士の学校に通うと、プロの講師によって幅広い知識と技術を学びながら、就職に向けての活動や資格取得の勉強を進めることができるのです。