心理カウンセラーになるには専門分野の知識が必要です

医者

幅広い知識が必要な職業

看護師

病院の検査でレントゲンやエコー検査などを受けたことがあるはずです。これらは体の中の見えない部分を調べることができる技術です。病院でこのような検査をするのは一般の医師ではなく、診療放射線技師と呼ばれる人達で、特別な技術や知識が必要になります。この診療放射線技師になるためには毎年一回行なわれている国家資格に合格しなければいけません。診療放射線技師の国家資格を取るためには、診療放射線技師を育成する大学や専門学校などで三年以上学ぶ必要があります。診療放射線技師を育成する学校は、大学や専門学校をあわせて約四十校程あります。どの地域に学校があるのか調べて、通いやすい場所にある学校を選びましょう。診療放射線技師になるために学ぶ内容は、医学に関する基礎的な知識と、理工学分野の基礎科目です。それぞれ、解剖学や病理学、電気工学や放射線物理学などを学習し、診療放射線技師として働くための土台を構築していきます。診療放射線技師を目指すのなら、高校を卒業するまでに理数系の科目をしっかり勉強しておくと順調に学習が身につくでしょう。診療放射線技師に向いている人の特徴として、機械をいじるのが好きな人や好奇心旺盛な人が挙げられます。多くの医療機器を扱う上に、日々新しい技術が提供されるので、常に学習意欲を高く保つことが重要なのです。また、診療放射線技師は需要の高い職業なので、学校を卒業した後も病院や企業など一定の就職先が確保されています。